先週末に引っ越しま

先週末に引っ越しました。引っ越し作業が全て終わり、夕方になって部屋の明かりをつけて「ここが新しい家なんだ」とジーンときました。

その日の夜は気も大きくなっていて、ちょっとぜいたくをしてピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。

まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。引っ越しの荷作りをしているときにまずクローゼットを空にしてみるとここまでいらないものばかりだったかと自分に腹が立ちました。とりわけ服は持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。

結果として、引っ越しをきっかけに今までためこんでいたものを捨てられて、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちもきれいに片付いて良かったです。

引越し料金は荷物の量だけではなく、建物や運びやすさの条件、オプションがあるかないかなど、色々な条件によってきまっているので、同じような量の荷物の場合でも、料金が大きく違うこともあります。

複数の引越し業者から見積を取ると安い料金の会社と高い料金の会社が出てきます。

費用差をみるとこんなに違うのかと驚くと思います。
引っ越しは何度も経験してきました。
どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。どうしても、引っ越しの準備をしていると何のかのと体力を使っているので引っ越しの前日は、どんなに遅くなっても最後のお風呂に入り、疲労を回復させたいのです。そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めれば自分も周りの人もホッとできますよね。

私は引っ越し時に、自宅にあった不用品を買い取ってもらうことにしました。家具や洋服など、様々にありました。

業者の方に自宅まで来てもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。すると、思いがけない査定額となりました。

私の不用品だったものが、お金になったのです。かなりありがたかったです。
きっかけは家の購入で、引っ越しました。東京都から埼玉県へ転移します。メンテナンス等でお世話になっているディーラーの方からナンバーの変更はどうするのかと質問されました。
手続きは運輸局にてする必要があるとのことですが、実際には多くがやらないそうです。

私も従来の東京のナンバープレートを継続しています。

業者を利用しないで、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればまずは荷物を少なくすることを考えます。

普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包すること、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。
こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の頼りになる業者が赤帽でしょう。
中でも単身引っ越しでは他業者よりも強いです。

ほとんどが時間制の料金が適用されるので、ドライバーの運搬を手伝えば作業にかかる時間を抑えることが可能でしょう。赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。引っ越し作業についてですが荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包をサービスの一つとして提示されています。
であるならばここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。
養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。
それに、荷物に何かがあったとしても梱包作業をした業者がその責任をとり被害があった荷物の弁償をしてくれる場合もあります。

今回の引越しのときには、住民票の移動処理はなるべく早めにしておこうと思ってました。まずは私自身が転出届けの手続をしに行き、主人のほうが、引越しの当日中に転入届を転入先の役所へ提出できるよう日取りを考えてどたばたぜずに引越ししました。
ただでさえ、引越しというものはたくさん手続があって忙しいので忘れないように表に書いておいて、計画的に行うことが大事ではないかと考えます。一番忙しい頃は、進学する人や就職するなどして、引越する人が大変多くなります。シーズンを通して大変引越し業者が一番忙しいため、引越し代がオフシーズンと比較すると、高いことが多いので沢山比較することで安くすることが出来ます。引越し業者へ依頼を行うと、見積もりを出してくれます。ほぼ問題はないのですが、一応確認をすることが良いと思われます。
見積書の内容に含まれていない場合は、追加で料金を取られるケースもありえるのです。

小さなことでも疑問を持った場合には、できるかぎり契約前に、質問するように心がけてください。
引越しをするにいたっては、引越し業者に頼むのが、一般的なことだと思います。そんな時に、飲み物などの差し入れをする場合もあると思いますが、チップを用意する必要はありません。

外国などでは広く用いられているチップではありますが、日本国内だったら、行わなくてもよいでしょう。
引っ越しの前日までに、短時間で良いので翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。何時に業者が来る予定か、作業を終えて運び出すのは何時かという確認をします。搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。

熱中症予防のためにも、飲み物があると暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。

就職で都会に出てきて初めて一人で生活することになりました。
運搬を依頼した冷蔵庫の業者